うつ病で苦しんでいる方、ご家族、ご友人、職場や学校のみなさんへ・・

薬も心理療法もやめられた!
━━━━━
画期的な治療法
━━━
【荒木式】うつ病克服プログラムがついに公開!
http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=46267

〓〓〓〓
プロフィール
〓〓〓〓


荒木裕

1962年 京都大学医学部卒
1967年 京都大学医学部大学院卒
1968年 大阪北野病院勤務
1971年 米ハーバード大学付属 小児病院脳神経外科研修医
1973年 米ハーバード大学医学部 臨床栄養学准教授
1976年 アメリカ国立公衆衛生研究所 客員研究員
1977年 アメリカサウスカロライナ大学 医学部印無
1983年 崇高クリニック開設

活動実績

アメリカ国立公衆衛生研究所 客員研究員任命状

アメリカハーバード大学医学部 臨床栄養学部准教授委任状

健康ふすまパンなどに使われている発明特許

うつ病で苦しんでいる方のご家族、ご友人、職場や学校のみなさんへ・・・


うつ病がなかなか良くならないのは

実は、本人が悪いからではないのです。


今から、誰も話さなかったうつ病の本当の原因と

2度と再発しない画期的な克服法について

お伝えしますので、ぜひ、参考にしてください。
http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=46267



そもそも、薬ではうつ病を治せない理由と
うつ病になる本当の原因とは・・・?
http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=46267

ここでお伝えする方法は、

うつ病だけではなく以下の精神疾患にも有効です。


◎躁うつ病、拒食症、パニック障害、自律神経失調症
◎過食症、恐怖症、不安障害、睡眠障害、統合失調症、脅迫障害

http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=46267


この方法は、自宅で簡単に実践することができる方法なので、
━━━━━━━━━━━━

誰でも気軽に始めることが可能です。
━━━━━━━━



私たちは、この方法で、
必ずあなたをうつ病から助けることができると確信しています。


それでは、まずは、この方法で“普通の生活”を取り戻した、
松谷さんのお話をお聞きください。
http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=46267


今、あなたはこんなことで悩んでいませんか?

◎毎日が憂うつで何もやる気が起こらない

◎すぐに自分を責めてしまう

◎出来事をすべてネガティブにとらえてしまう

◎夜は眠らないし朝は起きられない、逆に寝過ぎてしまうこともある

◎歯磨きや入浴など日常の簡単なこともできない

◎拒食症・過食症やパニック障害などにも悩んでいる

◎頭がボーとして重たく、思考力、判断力、集中力が低下している

◎薬を飲んでも一向にうつが良くならない。それどころか、薬の量がどんどん増えていく

◎いろいろな心理療法を試したけど、全く改善しない

◎カウンセリングに通えば通うほど自身を失くしてうつが悪化する

◎なぜうつになるのか?どうして良くならないのか?いつもそればかり考えている

◎家族にも誰にも話を聞いてもらえないし、理解してもらえない

◎世間で何が起きているのか分からないし、興味も持てない

◎人と会ったりコミュニケーションをとるのが億劫でしょうがない

◎このまま一生うつが治らないんじゃないかとものすごく不安になる

◎ふと死にたくなることがある

◎また再発するんじゃないかと心配になる

http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=46267


きっとあなたは今、

「どうにかして、うつ病を治したい。」

「なんとかして、この苦しみから逃れたい。」

「早く元気になって、元通りの普通の生活をしたい。」

「もう二度とうつ病になりたくない。」

という強いお気持ちで、このページをお読み頂いていると思います。

そして、それと同時に、

「でも、一体どうすれば、うつ病が良くなるのか分からない。」

「何をしても、うつ病が良くならない。」

「どうして良くならないんだろう…」

「何がいけないんだろう…」

「もしかしたら、もう治らないんじゃないか…」


と悩み苦しんで毎日を過ごしていると思います。


でも、どうかご安心ください。

私たちは、あなたのその気持ちを十分理解しています。


そして、私たちは、あなたがもうこれ以上うつ病のことで、

悩んだり苦しんだりすることなく、根本的に病気を治して、

普通の生活を送れるようになる方法を知っています。


私たちは、あなたの味方です。

どうか希望を持ってください。

http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=46267


あなたがすることが、たった3つです


⇒1.【荒木式】うつ病克服プログラムのDVDを見る

⇒2.【荒木式】うつ病克服プログラムのDVDの内容を理解する

⇒3.【荒木式】うつ病克服プログラムのDVDの内容を実践する



あなたがすることは、たったこの3つだけなのです。
難しく考えないで、3つのことだけを実践して頂ければ、それだけで大丈夫です。

http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=46267


このプログラムからあなたが手にするもの

⇒薬や心理療法に頼らなくても2度とうつ病を再発させない健康な体と健全なこころ

⇒こころと体が軽くなることでみなぎってくる活力と自然に湧いてくる将来への夢や希望

⇒再発の不安や恐怖から解放された安心できる毎日の生活

⇒周りの人から「良くなったね!」「元気になったね!」と言われて満ち溢れてくる自信

⇒【荒木式】食事法(断糖食)を実践することでうつ病を克服できるだけではなく根本的に病気になりにくく疲れにくい強い肉体

⇒夜はぐっすり眠れ、昼は快活に活動できる元通りの元気な自分

⇒いつも助けてくれる家族、友達、同僚との素晴らしい人間関係再スタート

⇒社会復帰して働くことによって得られる経済的な余裕や人生の充実感

http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=46267


あなたが『【荒木式】うつ病克服プログラム』から手にするものには、

上記のようなものがあるのです。



この他にも、このプログラムを実践してうつ病を克服した暁には、

今は思いもつかないような素晴らしい出来事がたくさん起こると思います。


そして、これらを手にすることは、決して不可能なことではないのです。


あなたが、あきらめる必要は全くありません。

ぜひ、私たちと一緒にうつ病を克服しましょう!

http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=46267



薬も心理療法もやめられた!
━━━━━
画期的な治療法
━━━━

【荒木式】うつ病克服プログラムがついに公開!


http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=46267


うつ病で苦しんでいる方のご家族、ご友人、職場や学校のみなさんへ・・・

うつ病がなかなか良くならないのは

実は、本人が悪いからではないのです。


今から、誰も話さなかったうつ病の本当の原因と

2度と再発しない画期的な克服法について

お伝えしますので、ぜひ、参考にしてください。

http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=46267


ここでお伝えする方法は、
うつ病だけではなく以下の精神疾患にも有効です。

◎躁うつ病、拒食症、パニック障害、自律神経失調症

◎過食症、恐怖症、不安障害、睡眠障害、統合失調症、脅迫障害
http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=46267



そもそも、薬ではうつ病を治せない理由と
うつ病になる本当の原因とは・・・?
http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=46267
タグ:うつ病克服

「うつ」をあきらめないでください!

一刻も早く「うつ」を完治したい。

会社に行きたくない…

人に会いたくない…

夜、熟睡することができない…

何をやっても楽しくない…

自分を責めまくる…

こんな状況から解放される方法を現役精神科医が、お教えします。
http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=40948

著者の宮島賢也さんは、

24時間テレビはじめ、各メディアでも取り上げられ
「薬を使わない精神科医」としてセミナーの講演や執筆活動なども

精力的に行っている現役の精神科医です。

自らが「うつ」に悩みながら、薬を使わずに克服した体験に基づき研究を重ね、
誰もが実践できるような独自の治療法、

「自己メンタルセラピー」を構築し、
「お医者さんからもらう薬をいくら飲んでも、うつが改善しない」
という多くの声を受け、

「うつ」改善を望む一人でも多くの方にこのメソッドを伝えたいという思いから
【薬を飲まずに「うつ」を治す精神科医 宮島賢也の自己メンタルセラピー講座】
を公開されたのです。

宮島先生は、サイト上でこんな話をされています。
===========================================

本来、「うつ」の症状とは、「これ以上無理をし続けてはいけない」
と、体が発する「警報装置」だと考えられます。
にもかかわらず、一般的な今の治療ではその重要な警告を薬で止めてしまいます。

しかし、

警告が出ているのなら、それは原因を直すべき時なのです。
そのことを知りさえすれば、
薬を使うことなく、「うつ」を根本から克服することができるようになります。
======================================

もちろん、「うつ」における薬物治療にも立派な存在意義がありますが、

「「うつ」を根本から克服したい・・・」
「もう薬に頼る生活から抜け出したい。。。。」
「薬の副作用が辛い・・・」

という方には、おすすめのメソッドではないでしょうか。

■「うつ」がひどく何もする気が起きない…。
■薬をやめたいけれど、飲まずにはいられない…。
■処方された薬を飲んでも良くなる兆しがない…。
■気分の変動が激しく人と接するのが億劫だ…。
■未来が真っ暗で不安に押しつぶされそうになる…。
■頑張りたいのに頑張れない …。
■気持ち先行で体が辛い…。
■体が言うことをきいてくれない…。
■自分を責めまくる…。

もし、あなたが今このような悩みを抱えているなら

薬を飲まずに「うつ」を克服できるこのメソッドをお勧めします。

今なら

●精神科医 宮島賢也によるメールメンタルセラピー
●どなたでも出来る手軽な健康法&リラックス法
●精神科医 宮島賢也からご家族や支援者へのお手紙
●宮島賢也からのお手紙
●バージョンアップ版無償提供
●精神科医 宮島賢也との対談音声
●メンタルセラピスト養成講座 体験講座無料ご招待

といった充実したサービスがついているとのことですので、
興味のある方はこの機会にぜひこのサイトを見てみてください。

http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=40948



薬に頼らない1日3分の適応障害改善術!イライラや不安感、情緒不安定、頭痛、吐き気など適応障害の症状と決別。


なぜか、すぐに周りとトラブルになってしまうあなたへ…。

塚越式 適応障害改善プログラム
http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=44413         

をご存知ですか?


これは「一般に出回ることはない」とされた適応障害改善術です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





『 適応障害 』は人によって症状も原因も違います。
まずは、自分がどのようなタイプであるかをきちんと知ることが重
要です。障害ですから個人差があります。1つの方法ですべての人
の障害を解決することは出来ません。

タイプが違ければ解決方法も違います。以下のページに大きく分け
た3つのタイプについて原因と症状が載っています。こちらを参考
に、自分がどのタイプかを知りましょう。
http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=44413 

基礎をきちんと理解して正しい適応障害改善を。

自分で原因を知ることが出来れば、たった4つのステップを踏むだけで、
一時的な改善だけでなく、再発もしない、本当の改善につな
げることが出来ます。
適応障害が改善されれば、ひどいイライラに悩まされることもなく
なり、動悸やめまいまでも改善されます。

※《4つのステップ》の詳細は以下。
http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=44413 

適応障害は種類も多くて改善方法も多様ですが、原因さえ把握でき
れば改善方法は数種類しかありません。


この【塚越式 適応障害改善プログラム】に書かれている内容

*適応障害に効果的なある食べ物とは?
(酒・タバコ・コーヒーと適応障害の意外な関係…など。)

*適応障害と年齢の関係

*適応障害とストレスの関係

*早急に適応障害を何とかしたい状況。その対処法。

さらに詳しく 
http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=44413 

■マニュアルの内容にしたがって進めていくだけの適応障害改善術

塚越式 適応障害改善プログラム
http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=44413 

※書店などで売られている本には決して書かれていない内容です。
この知識とあなたの“実践”があれば、適応障害の改善は
可能です。薬を使ったり、難しいことをすることもありません。


塚越式適応障害改善術

僅か8分で貴方の“どもり”を改善できます!赤面症や恐怖症まで改善!

『自宅で一人でできるどもり解消術』

種類によって全然違う“どもり”の特長を徹底分析!!
短期間で根本的な原因から改善していく、意外な改善法とは…
http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=44065


意外な方法を使うと、短時間でどもりを改善
することが可能だとしたら、薬も身体に害の
あるものは一切使用しないでどもり改善が
可能だったら…

あなたはこのどもり改善術を試してみますか??
これから一般に出回ることはないとされたどもり
改善術を公開します。


もし、あなたが

 「どもりをなんとしても解決したい!」

と思っているのであればほんの5分だけ、私に
お時間をください。あなたのどもりの原因と改善
の手順をご説明します。
http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=44065


どもりを治すのが難しい理由

本題に入る前に、どもりの根本解決について
ご説明します。唐突ですが…

あなたは今までどんなどもり改善方法を試し
ましたか?市販されている本や雑誌を読んで
実践したり整体とか鍼灸とかを試してみません
でしたか?


でも、結果的にほとんど効果はありませんでした
よね。まず、1番重要なのは根本的に改善できる
かです!

間違ったどもり改善方法では逆に、どもりを悪化
させてしまったり体にダメージを残してしまう
可能性もあります。間違った改善方法を、これ
以上やってはいけません。
http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=44065



    
よくある間違ったどもり解決法…

1・治らないものと思い込む
どもりは一生治らない、と考えている人が意外
に多いのです。言葉の話始めに、つまってしまい
なかなか言葉が出てこないどもりは

精神的なストレスが大きく関係しているので
病気ではありますが、絶対治らないものでは
ありません。


例えば、自分の子供にどもりがあるからといって
ずっとその状態が続くと思い込んでいては、その
子供さんは辛い思いをするだけです。

何らかのきっかけで症状が改善したケースもよく
ありますから、悲観的になる必要はありません。


2・無理に矯正しようとする
子供にどもりがあるからといって、無理に矯正
しようとする親御さんがいますが、これは悪循環
になりがちです。

自分のどもりを何とかしたいと思っているのは
当の本人で、それができないことで余計に症状
が悪化する場合があります。

周りから何か指導をして治るというケースも
ないわけではありませんが、精神的なストレスを
感じると、ますます言葉に詰まりやすくなり

そのことでまた言葉が出なくなる、という状態
に陥ってしまうのです。


3・小さいうちに病院に行く
どもりは小さいうちに治してしまうことが大切
という意見がありますが、これはいかがなもの
でしょうか。

確かに、どもりの症状に気づいた時点で、治療
をしようと考えるのは当たり前で、病院に行く
のもいいでしょう。

ですが、どもりの治療は、本人の現状を把握して
原因に応じて行われるため、医師の質問に的確に
答えられなければなりません。

親御さんが変わりに答えたとしても、状況が全て
正確に把握できるわけではありませんから、慌て
て病院にかかる必要はありません。

周りが焦れば焦るほど本人に大きなプレッシャー
を与えてしまいます。


4・厳しく接する
どもりは親のしつけで治ると考えている人も多い
ようです。子供が言葉を話し始めると、ちょっと
したどもりでいきなり叱

という方法を効果的と考えるのであれば、それは
大きな間違いといえます。

子供はどもった瞬間に、叱られる、怒鳴られる
と思い、ものすごい恐怖感に襲われるでしょう。


その結果、話をしなくなってしまうことが考え
られます。厳しくしつけるのは、大切なことでは
ありますが、どもりに関しては、精神的な要因が
症状の進行に、大きく関係しますから、叱って
治すということは避けましょう。


いかがですか?もしかしたら、これらの方法を
実践したことがある方も多いかもしれません。

どもり改善を望んでいるかたが1つはやったこと
のある方法なので仕方がないと思います。この
ような、どもり改善は意味がありません!

もし、今、行っているのであればすぐにやめて
ください。どもり改善どころか大変なことに
なってしまいます。

これは大げさではなくて真実です!間違った方法
をやり続けてることがどもりを改善できない1番
の理由なんです。
http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=44065

正しいどもり解決の4ステップ

1・自分のどもりのタイプを正確に把握して原因を突き止める

2・原因別の3つの方法を使ってどもりを元から改善する

3・再発しないように1日数分程度あることを実践する

4・1〜2ヶ月後を目安に再度、原因チェックを念のため行う


たったこれだけのことで心身ともに健康になって
いきどもりが改善されていきます。さらに赤面症
までも改善されたケースもあります。これだけ
なら、あなたにもできると思いませんか?

どもりが改善されれば、緊張感に悩まされること
もなくなります。自由に好きなことをしても問題
ありません。

基本を無視した意味のない方法ではなく基礎を
きちんと理解して正しいどもり改善に取り組んで
ください。

正しいどもり改善方法を取り組まれると体が軽く
なってみたり、赤面症が改善されてみたり、恐怖
感が改善されたり、不眠症が改善される場合も
あるんです。

本当にどもりを根本的に改善したい方にぜひ
読んでいただきたいと思っております。
http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=44065


私は、このどもり改善術を自信を持っておすすめ
しています。ご自分のどもりの原因をきちんと
理解して適切な方法を行えば、どもりは自分で
対策・改善ができるのです。

たくさんの時間を使って、たくさんのお金を
使って結果が出ないことほど悲しいことはあり
ません。絶対にそのような体験をしてほしく
ないのです。


あなたがどもりがあったとしても悩んでいないの
ならこのどもり改善術は必要ないのかもしれませ
ん。読んでいただいたあなたのどもりの悩みを
解決したい、ただそれだけなのです。

あなたが周りの目を気にせずにそして快適な生活
を送れることを祈っております。
http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=44065


一条式どもり改善術

最短9分でパニック障害を克服!マスコミに引っ張りだこの精神科医が監修した人ひとりに合わせた克服法とは…


パニック障で、突然の過呼吸、死の恐怖、
吐き気、不安感に悩まされてきたあなた…
最短9分でパニック障害を回復できる方法を
お教え致します。
http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=35474

「心理カウンセラーで
 パニック症候群は治りますか?」


答えはNOです。

心理カウンセラーだけでは治りません。

よく、精神関係の治療のために
「カウンセリング」を利用する、
という人も増えています。

「心理カウンセラー」というのは
正式な国家資格ではなく
民間が設定しているランクの資格です。


パニック症候群は精神の病気であり、
病気は医者とご自身の
努力でしか治せないのです。

医者はその手助けとして最善を尽くします。

勿論、話を聞くだけで楽になるから・・
というのはあるかもしれませんが
一時しのぎにすぎません。

特に重症な場合は、
カウンセラーでさえ
「医師の治療を受けてください。」
というほうが多いのです。

精神科医であるということを強調するのは
この点にあります。



詳しくはこちら
http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=35474


人それぞれ症状が違うから
誰にでも共通して効く療法はない


あなたにとって良い情報か、
悪い情報かはわかりませんが、

パニック障害の治療においては、
インフルエンザのように、
ワクチンを打っておけばOK!

というほど完璧で唯一の治療法はありません。


そんな完璧な治療法があれば、
人によりパニック障害を克服する過程が
違うはずがありません。


「パニック障害」という名前が付けば、
「とりあえずこの薬出しておくか」という医者。

「これをやればパニック障害が治る!」
 という教材やプログラム
「まずは心理療法でも…」というカウンセラー


人によって、
パニック障害が治るきっかけは様々なのに、
自分が得意な療法を患者さんに施して、
後は経過を見ながら…。

というのでは、
治るものも治らないし、
克服に時間がかかるのも
無理はないでしょう。



詳しくはこちら
http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=35474

このプログラムでは
10以上の療法を提案しています


あっちもこっちもやるのではなく、
自分に合った療法を選ぶということです。

症状や性格により、
どんな療法が効果を発揮するかが違います。


考え方を変えただけで
治ったという方もいれば、

治療を長年続けているのに
治らないという方もいるのは、
あなたもご存知のことでしょう。
(長年治療を続けても
 回復の兆しが見えないのは、
 治療法が偏っている可能性がありますが…)


ですから、
出来る限り多くの療法を提案し、
あなたに合った治療法を
一刻も早く見つけてほしいのです。



詳しくはこちら
http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=35474

終章的で曖昧
実行不可能なことは言いません


一つの療法を試してみるのに、
大体は5分〜10分程度で
出来る事がほとんどですし、
長くても2日程度あれば出来るので、
1つの療法を試して、
自分に合っているのかを見極めるのに
時間はかかりません。


1ヶ月や2ヶ月もかけて
自分に合っているかを判別し、
それがダメなら次へ…。

というものではないのでご安心下さい。


よく、パニック症候群に対する心構えで
リラックスしろとか、
気にしすぎるなとか言われるので
こういう質問を頂くのですが、
こんな指示では出来ないのが当たり前です。


パニックに襲われた時、
まず落ち着く必要があるならば、
落ち着く為の「具体的な方法」が
書いてあるということです。



詳しくはこちら
http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=35474


最短9分でパニック障害を克服!?テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したパニック障害克服プログラム

中森式チック症改善術・それぞれの症状に適合した正しいチック症改善法があるのです。

チック症であらわれる、意志とは関係ない身体の
様々な違和感ある動きが改善される…
それぞれの症状の原因別に、正しく改善する方法が
ありますので、もう心配はございません!

自分で出来る「6分間チック改善術」を公開!!
http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=43309


その場しのぎでは
根本的に改善することはできません


チック改善で必要なことは
根本的なチック改善を
体にやさしい方法で治すことが重要です。


チックの悩み、いろいろあると思います。

「瞬きが多い…」
「うつやどもりなどの傾向にある…」
「首ふりの回数が多い気がする…」
「肩すくめの行動がある…」
「変な癖にしては回数が多すぎる…」

いろいろと考えてしまうことあると思います。


変なしぐさをしてしまうこともあります。
妙な格好になっている時もあるかもしれません。
これはチックを隠そうとした
行動の結果なのです。

でも、安心してください!

私がこれからチックの改善方法を教えますから。
よいきっかけになっていただければ幸いです



詳しくはこちら
http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=43309


根本的に治することは
なぜ難しいのか


私自身、
あらゆるチック改善に結びつくと考えられる
チック改善方法をたくさん試してきました。


本や雑誌もたくさん読みましたし、
病院にも専門医にも診てもらいました。

これで、チックが治ってしまう
場合もあると思います。
それはそれでうれしい限りですが、
なかなかうまくはいきません。


間違ったチック改善方法では
逆に、チックを悪化させてしまったり
体にダメージを残してしまう可能性もあります。

間違った改善方法を、
これ以上やってはいけません。

今回は、もっとも多い、
間違ったチック改善方法を、
4つの間違いとしてご紹介します。



詳しくはこちら
http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=43309




★間違った4つのチック改善方法

1.親の育て方に問題がある
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
チック症は、
まばたきや肩をすくめる、
首を降るなどの行動が
かなり頻繁に起こるのが特徴です。

精神的な病気で、
親の愛情不足が原因と思われていますが、
実際には、チック症は、
神経の病気ということが
はっきりしているのです。


2.学校でしっかりと教育してもらう
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
チック症は、
誰かが指導して症状を改善できるような
病気ではありません。
どちらかといえば、
学校に協力してもらい、
症状の悪化を防ぐことが大切でしょう。


3.症状を指摘する
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
チック症の原因は、神経的なものですが、
症状をいちいち指摘することは、
本人の精神的なストレスが増えて、
症状の悪化に繋がりやすいのです。


4.静観して自然治癒を待つ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
決して時間がたてば治る病気ではありません。
あきらかにチック症ということがわかれば、
それ相応の治療が必要になるでしょう。



詳しくはこちら
http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=43309


本当に正しいチック改善法とは


個人差があるように
タイプが違ければ解決方法も違います。


1つの方法ですべての人を
解決することは本来出来ないことなのです。

大きく3つのタイプに分けられます。
まずあなたのタイプを見極めましょう。


1.チック症 + 「一過性」タイプ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
おおよそ2〜3ヶ月で
症状が治まることが一般的であり、
この1年以内に症状が落ち着くタイプです。


2.チック症 + 「慢性」タイプ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
チック症の症状には、
運動性のものと音声のものとがあり
どちらかに偏るのが特徴です。


3.チック症 + 「トウレット障害」タイプ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
症状が悪化すると、運動性・音声の
両方の症状がでてしまうケースを言います


さて、タイプが分かったところで、
その原因を探りましょう。

原因が分からなくては対策のしようがありません。
問題や原因が分かれば解決したようなものです。


詳しくはこちら
http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=43309


中森式チック症改善術

薬を飲まずにうつを治す

この「うつ克服法」は

『私はこうしてうつを改善しました』というような体験論とは

レベルの違うものです。



現役の精神科医による

自宅で安全にできて、薬の副作用もなく、

「うつ」を根本から改善する方法、それが

【薬を飲まずに「うつ」を治す精神科医 宮島賢也の自己メンタルセラピー講座】

です。



http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=40948


このサイトを見ればわかりますが、

「うつ」は薬ではなかなか完治させることができません。

それどころか、薬物治療には副作用の危険も生じます。


「自己メンタルセラピー」は

現役精神科医による独自のメソッドであり、

著者自身が薬を使わずに自らのうつ病を克服した上で、

長年「うつ」に苦しんできた患者さんが実践し、その効果が実証された

安全な「うつ克服法」です。



しかも、今なら・・・




●精神科医 宮島賢也によるメールメンタルセラピー


●どなたでも出来る手軽な健康法&リラックス法


●精神科医 宮島賢也からご家族や支援者へのお手紙


●宮島賢也からのお手紙


●バージョンアップ版無償提供


●精神科医 宮島賢也との対談音声


●メンタルセラピスト養成講座 体験講座無料ご招待




といった充実したサービスがついているようですので、

「うつ」でお悩みの方、またそのご家族や支援者の方はぜひ一度

このサイトを見てみてください。


http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=40948


薬を飲まずにうつを治す 精神科医 宮島賢也の自己メンタルセラピー講座

本当に正しいアスペルガー症候群改善方法とは?

アスペルガー症候群の悩み、
いろいろあると思います。。


「興味の偏りがある…」
「周りに誤解されやすい…」
「貧血になりやすい…」
「特に下半身が冷え症で困る…」


いろいろと考えてしまうことあると思います。

そう思ってしまう、
あなたの気持ちが
わたしにはよくわかります。


わたしも同じような、
アスペルガー症候群の悩みを
強く抱えていましたから…。



本人は真剣に悩んでいるわけです。
日々、隠し続けるような
生活をしているわけです。


変なしぐさをしてしまうこともあります。
妙な格好になっている時もあるかもしれません。

これはアスペルガー症候群を隠そうとした
行動の結果なのです。



でも、安心してください!


私がこれからアスペルガー症候群の
改善方法を教えますから。

よいきっかけになっていただければ幸いです!



詳しくはこちら
http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=41534


アスペルガー症候群をなんとしても解決したい!

これから一般に出回ることはないとされた
アスペルガー症候群改善術を公開します。

もし、あなたが
「アスペルガー症候群をなんとしても解決したい!」と
思っているのであれば
ほんの5分だけ、私にお時間をください。



意外な方法を使うと、
短期間でアスペルガー症候群を
改善することが可能だとしたら・・

薬も身体に害のあるものは一切使用しないで
アスペルガー症候群を改善することが可能だとしたら・・


あなたは試してみますか?





詳しくはこちら
http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=41534

アスペルガー症候群を
根本的に治すのは動じて難しいのか

私自身、あらゆる
アスペルガー症候群改善に
結びつくと考えられる
改善方法をたくさん試してきました。


本や雑誌もたくさん読みましたし、
病院にも専門医にも診てもらいました。


これで、アスペルガー症候群が
治ってしまう場合もあると思います。


それはそれでうれしい限りですが、
なかなかうまくはいきません。


間違ったアスペルガー症候群改善方法では
逆に、候群を悪化させてしまったり
体にダメージを残してしまう可能性もあります。



詳しくはこちら
http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=41534


本当に正しいアスペルガー症候群改善方法

個人差があるように
タイプが違ければ解決方法も違います。

1つの方法ですべての人を
解決することは本来出来ないことなのです。


大きく3つのタイプに分けられます。


その1.
【アスペルガー症候群+「社会性」タイプ】


社寄性に乏しい」ことが上げられます。
また、人前でしていいことと、
そうでないことの判断がつかないのも、
このタイプの特徴ともいえます。



その2.
【アスペルガー症候群+「コミュニケーション」タイプ】


相手が何を言いたいのかを、うまく読み取れず、
また自分もどう伝えたらいいのか
わからないのがこのタイプです。


その3.
【アスペルガー症候群+「想像力」タイプ】


文章化されていないことを言葉にして伝えるのが難しく、
そのため自分の気持ちを
うまく伝えられないことがあります。



詳しくはこちら
http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=41534


成瀬式アスペルガー症候群改善術

もう「うつ」で悩まないでください!

もう「うつ」で悩まないでください!

現役医師による実績に基づいた療法だから安心。

誰にも知られず自宅で「うつ」を改善できます。


※「うつ」が改善されなかった場合は全額返金※

【薬を飲まずに「うつ」を治す

精神科医 宮島賢也の自己メンタルセラピー講座】

  
★今なら通常販売価格29,800円⇒8,800円!★


詳細は今すぐこちらへ

http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=40948


「薬を使わない精神科医」として

テレビやマスコミで取り上げられた現役精神科医 宮島賢也が、

自らの「うつ」克服体験に基づき構築した

安心・安全な「うつ克服法」、それが

【薬を飲まずに「うつ」を治す精神科医 宮島賢也の自己メンタルセラピー講座】

です。


このプログラムは、

精神科医、宮島賢也が何年もの年月と自己投資によって完成させてきた、

「うつ」克服の集大成であり、

薬と「うつ」の苦しみからあなたを解放するための全てが詰まっています。



★今なら通常販売価格29,800円⇒8,800円!★


詳細は今すぐこちらへ

http://www.infotop.jp/click.php?aid=64478&iid=40948



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。